┃麺 to the コネクション ~奥出雲の醤油を求めて 編~┃


 以前、四代目がダシの研究をしている時、あることに気づきました。
 「同じ『ダシ』でも、醤油によって全く違う表情のつゆが出来る!」
 あらゆる醤油を全国から取寄せ、ダシと合わせ試作を繰り返していると、とある醤油に辿り着きました。

 こうなると、スグに会いに行きたくなるんですよねぇ。

 というわけで、、行ってきました!
 島根県奥出雲にある「森田醤油」さん。
 森田醤油③

 お邪魔してすぐに目に飛び込んだのが、事務所に掲示してあったこの言葉、
 「一時的な利益のために永遠の理想を没却してはならない」

 その言葉通り、地場産大豆・小麦を厳選するのは当然、めんつゆやポン酢作りに至るまで、無添加でおいしいものを、という森田さんの誠実で真っ直ぐな思いがありました。

 一度の麹の仕込みは約三日かけて行います。
 天候・気温など微妙な変化で出来具合に影響が出るため、その間はずっと麹を見守り続けます。

 実際伺った日も、気温が上がることが予想されたことから、アポイント時間を三時間ほど前倒しして、出来具合に目を光らせる光景が印象的でした。
森田醤油①0

 東京で働いていた息子さんが戻られ、後継者として醤油作りに励んでいます。
 化学的な視点から醤油作りを考える姿勢がおもしろく、今後の活躍にも期待です!
 

┃麺 to the シーズン ~宗近の夏の風物詩 編~┃


スーパーで山積みになっている個食タイプの冷し中華、県内の方には当たり前の光景、これ普通じゃないって知ってました?

全国的には「2食・3食入り」がメインなのですが、福井だけは個食タイプが店頭で山積みされる、全国的に珍しい県なんです。
冷し中華陳列
地域のお客様からは、「あ、このパッケージ!!」「いっつも冷蔵庫に入ってますっ」「スーパーで売り切れてたので、直接買いに来ました!」「子供がこれじゃないとダメなんです~」
こんなお声をたくさん頂いていて、なんで蕎麦文化の根付いたこの地域で、こんなに支持されるの? 正直、作っている私たちが、、、誰よりも疑問に感じていました。
調べてみると、そこには、先代のただならぬ想いがありました!

この「宗近の冷し中華」は、昭和46年に二代目「宗近隆基」が、当時は非常に珍しい「個食タイプ」の冷し中華として、販売を開始しました。

今となっては当たり前の「個食タイプ」の商品、セブンイレブンの個食対応「セブンプレミアム」が2015年には一兆円を超える勢いで伸び続けていますが、宗近ではずっと昔の40年以上前から、個食タイプの販売を続けてきました。
セブンプレミアム販売推移

発売当初の販売数は、年間300食程度でしたが、現在では福井県内だけで、ひと夏に、なんと62万食も販売する、福井県で圧倒的ナンバーワンの販売数を誇る商品へと成長しました!

昭和46年当時、福井県1世帯当たりの世帯人数は約4人でしたが、現在は2.8人まで減少しています。(大家族が多い福井でも、こんなに核家族化が進んでいるんですねぇ)
ロングセラーの理由

「地域の方の生活に根付いた商品づくりをしなくてはいけない!」

二代目のこんな想いのもと、宗近は加速化する核家族化を先読みし、全国に先駆けて個食化に特化した販売を続けた結果、このロングセラー商品を生み出すことになったのです。
何より、長きに亘り販売して下さる、地域販売店の方のご協力の賜物でもあり、本当に感謝しています!

「毎日食べても飽きのこない味」がコンセプトですが、これどうやって確かめているか、分かります??
それは、、、、、 毎日食べること!!
三代目・四代目を中心に、担当スタッフが毎日実際に食べて、確認をしています。
冷し中華画像1
今年も雨の日も風の日もずっと食べていますが、今のところ飽きてません (笑)
オススメの食べ方は、「かけ冷し中華」。
「かけ冷し中華」って??
茹でて、氷水でキンキンに締めた麺を器に盛り、付属のスープを上からかけるだけ。ただこれだけです(笑)
でも、これだけで十分おいしく食べれるように作っていますので、一度お試しください!

最後に、福井県内総世帯数は約28万世帯。
「宗近の冷し中華」がひと夏に2回以上、県内全ての食卓に並ぶ計算ですね。
ここまで食べられる「宗近の冷し中華」、もはや福井の隠れた「県民食」ではないかと考えています。
今後とも世代を超えご愛顧頂ければ幸いです!

┃麺 to the ショップ ~期間限定出店 編~┃


 四月二十四日から三十日、広島三越「名人の台所」にて、毎年恒例の期間限定出店しました。
 今回から、より美味しく召し上がって頂けるよう、二点の改善を行いました。
画像①
①福井県産玄蕎麦の品質向上
 福井県内で収穫する地域をより厳選した結果、旨味と食感が良くなりました
②ダシを仕込む際の温度管理の調整
 素材ごとの仕込み温度を改良・徹底し、よりすっきりした味に仕上げました

画像②
 今回の出店で「なまそばお土産」「お取り寄せ」が、前回より約二倍に増えたこともあり、よりおいしく召し上がって頂けたのでは、と感じています。
 ミシュラン店を研究されている舌の肥えた方が、「ここのはおいしいからまた来たよ」と二日連続リピート来店も頂けました。
 そして何より、期間中毎回来て下さる、たくさんの常連の皆様、いつも本当にありがとうございます!

八割商品画像2
今回使用したそばはこちら「四代目宗近 八割そば」
「宗近そば」の中で、最高品質ランクのそば。
 舌の肥えたお客様にも「おいしい」と安心してお召し上がりいただける、自慢の逸品です。

麺 to the ニュース


 吹き抜ける風が心地よい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 宗近では、父の日の贈り物やお中元シーズンを間近に控え、スタッフ達も準備や打ち合わせに余念がなく、慌ただしい日々を送っています。

 その一方で、宗近の夏の風物詩である、「冷し中華」の製造がピークを迎えようとしています。

 福井県内の皆様からは、「今年も始まったな~」「夏はやっぱりこれだな~」というお声が聞こえる一方、県外の皆様からは、「ん??なんでそば屋が?冷し中華??」と疑問を抱くかもしれません。
 全国的には、「そばお取り寄せ」のイメージの方が強いですからね。
 
あいさつ画像(森田醤油 森田社長、後継者の息子さんと)1[島根県奥出雲にある「森田醤油」森田親子と。]

 地元福井のお客様向けには、「うどん、中華麺、焼きそば」など、様々な麺を作っています。
 どれも厳選した高品質な麺ですが、その中でも「宗近の冷し中華」は、特に絶大な支持を頂いている商品です。
 
発売から四十年以上受け継がれる味ですが、実は毎年少しずつ製麺レシピを改善、最新の製麺理論を用いて進化させています。
(これ気づくか気づかないかの、ホント絶妙な変化です)
 皆様の趣味嗜好が多様化される中、世代を超えて受け継がれる味をお届けするため、この進化は麺づくりに必要不可欠なものだと考えています。
 今回は、冷し中華の話題も多いですが、「暑い日はさっぱりおろしそば」
 もちろん最高ですので、「宗近そば」もお忘れなく!      
 
四代目宗近 宗近鉄也

上司への贈り物でご利用


千葉県在住 南條様
M2-4「本場 越前おろしそばセット(辛味大根付き)4人前」をご購入
http://munetika.jp/?pid=110622309

感謝の気持ち①2

贈り物でのご利用、ありがとうございます。
上司の方にも喜んで頂けたようで、何よりです。
「宗近そば」は、「贈った方がすごく喜んでくれた!」
というお声をたくさん頂きます。
今後とも様々な贈り物の機会に、ご活用下されば幸いです。

m2-4

 

ギフト用・自分用にそばを使い分けて楽しむ


神奈川県在住 梶様
ギフトには三代目宗近そば、自宅用に四代目宗近八割そばをご購入!
http://munetika.jp/?pid=66998037
http://munetika.jp/?pid=91805418

梶様

 この度はおみやげでのご利用ありがとうございます。
 今まで食べた中で一番おいしいと喜んで頂けたこと、スタッフ一同本当に嬉しく思っています!
 「越前そば=おろしそば」の食べ方・おいしさを伝えられて私たちも大感激です!
M2-8画像
八割そば

┃俺のつぶやき ~蕎麦屋がオススメする中華そば屋 編~┃


「食そのものが俺のライフワーク」と豪語する「四代目 宗近」が日々思うことをつぶやくコーナー。

紹介するのは、山形県山形市にある、「いさご食堂」さん。

外観

一見、食堂かな、なんて思って、のれんを見たら、ん??
お蕎麦屋さん!? そして、中に入ったら、、びっくり!!
全員が中華そばを注文されてました(笑)

いさご食堂のおすすめは「手打ち中華」。
手打ち蕎麦は数あれど、手打ち中華に取り組んでいるお店って結構少ないですよね。
「手もみ」された特徴的なチヂレ麺は、プリップリ・モチモチ食感で、もう感動レベルの仕上がり!
機械では作れないこの独特な形状の麺は、通称「ピロピロ麺」なんて言われてますね。
麺アップ

手仕込みでこのチヂレを作るのは、けっこう手間がかかるんですよ!
鶏がら等に野菜の甘みが加わった透明で綺麗なスープは、あっさりながらも奥行きが感じられ、太めのピロピロ麺と見事に調和します。
このスープの奥行、鶏ガラ以外の素材も使ってるのかなぁ、なんて考えながら、美味しく頂きました。
昔ながらの中華そばが好きなご年配の方にもおすすめですよ!

山形は、「蕎麦屋」と「中華そば屋」の境界線が取っ払われた印象で、ただ単純にみなさん麺が好きで、本当に面白いところでした。

┃麺 to the コネクション ~ラーメン消費量日本一の街編~┃


ラーメン消費量日本一の街、みなさんご存知ですか??
北海道?? 博多???
テレビでもたまに話題になりますが、正解は、、
「山形県!!」
「この地域の麺文化どうなってるんだろう??」
ここ最近、すごく気になって仕方がなかったので、実際に現地に行ってみました。
大雪被害の真っただ中、通行止めや車の立ち往生など、数々の難関を突破しながら、、十時間かけて無事到着!

①酒井製麺所

*飲食店向けに特化している酒井製麺所さん。
その取引する飲食店の数、山形県内で、なんと200店!
立派な直売店も、じっくり見させてもらいました。

まず驚いたのが、製麺所の数。
なんと、、
約五十軒!すごい!
(ちなみに福井は十五軒ほど、、、)

スーパーに特化
百貨店に特化
飲食店向けに特化
通信販売に特化

など、各々の製麺所が自分の得意分野を生かし、時代の変化に対応しながら長年商いを続けている現状がありました。

①松田製麺所 ①②どっちか合う方を使う

*百貨店販売に特化した松田製麺所 松田社長さんと。

そして、どの製麺所さんも大事に考えていたことは、地域のお客様のこと。
地域のお客様が、生活の一部として気軽に「おいしい麺」を利用出来る様に、製麺所で直接麺を購入出来る環境を整えてました。いわゆる直売所ですね。
三十年以上前からやってるとこもあるというんですから、地域独自の麺文化が発展したのも、うなずけますね。

外観 使う 肉そば 使う

ご当地メニューとしては、「鶏中華」「冷やしラーメン」「冷たい肉そば」が有名で、蕎麦屋さんで普通に中華そばを扱っていて、その中華そばが人気だったりします。
(おもしろいですねぇ!)
このあたりのことは、詳しくご紹介したいので、また後半をお楽しみに~。

 

今回の山形視察にご協力いただいた、玉谷製麺所さん、松田製麺所さん、卯月製麺さん、城北麺工さん、酒井製麺所さん、どうもありがとうございました!

┃麺 to the カスタマー┃~素敵なお客様~


先日、宗近が創立七十周年の老舗企業に認定されましたが、今年は宗近が株式登記をして三十周年を迎えました!
そのお祝いに福井銀行さんからこんな素敵なお花を頂きました。
福井銀行村国支店長 山本さん、営業担当木下さん

福井銀行村国支店長山本さん(左)福井銀行営業担当木下さん(右)

お心遣い、ありがとうございます!

 

 

┃麺 to the コミュニティ┃~スタッフ新年会編~


年末の繁盛期を乗り切ったお疲れさん会を兼ね、製造・配達・事務所などのスタッフが参加しました。
スタッフのサプライズ結婚報告もあり、びっくりながらも、幸せなオーラに包まれたひとときでした!

新年会

みなさまに「おいしい麺」をお届けできるよう、今年もがんばります!